HANAとANA

仕事に疲れたHANAが気分転換にマイル活動はじめました

ANAビジネスクラス夫婦でヨーロッパ2日目★ミュンヘン★ホテルとノイシュヴァンシュタイン城

ANAビジネスクラス夫婦でヨーロッパ2日目

夏なのに相変わらず涼しいミュンヘン。ホテルで早めに朝食をいただいた後は、VELTRAで予約した日本語ガイドツアーに参加します。

 

ミュンヘンのホテル

今回ミュンヘンで宿泊したホテルは、ミュンヘン中央駅北側の4つ星ホテル。 

1日目の夕方、チェックインして部屋に入ると、リクエストしておいたのにバスタブがついて無い。えぇ〜!?

すぐにフロントに電話して「私はバスタブをリクエストしておいたはず!」だと文句を言う。海外では遠慮は無用。主張しないと。

英語で電話とはハードルが高いが、テキトーな英語でも一応言いたい事は通じたみたいで、「今日はバスタブ付きのスーペリアルームは満室。明日からならスタンダードルームでバスタブ付きの部屋を用意できる。それでいいか」と提案される。

おいおい、じゃ広めのスーペリアルームに払った部屋代の差額はどうなるんだ?

遠慮せず交渉すれば、差額は返してもらえたと思うのですが、私の英語力では、そこまでの交渉はさすがに電話では無理。諦めて「No,thank you.」と言ってしまいました。くそぉ(涙)

でもまあ部屋は高層階で眺めが良くて、きれいで広い。ベッドも超快適。Nespressoも付いていて美味しいコーヒーも部屋で好きな時に飲めるし、まあいいか。

実は数日前、わざわざメールで色々リクエストしておいたのです。

眺めのいい部屋

②ツインベッド

③バスタブ付き

をリクエスト。支配人名で返事をもらっていたんですが、まあ、①眺めのいい部屋と②ツインベッドのリクエストには応えてくれたので、よしとしましょう。

f:id:hana0303:20170823221830j:plain

 

今回のホテル、朝食はかなりいい

今回のホテルの朝食ビュッフェは、かなり良く、品数も豊富。

なにがいいって、ミュンヘン名物の白ソーセージが本格的。甘いマスタードを付けていただく。ぽってりと旨い!う〜ん、ミュンヘンに来たなーって感じます。

f:id:hana0303:20170823223749j:plain

 

それとやっぱりパンが美味しい。ジャムやバターをたっぷり。朝から食べ過ぎる。

f:id:hana0303:20170823224818j:plain

 

あとこれがなんとも…。

好きな具材でオムレツを焼いてもらえるみたいなので、頼んでみました。具は、マッシュルームとハム、なぜかネギがあったのでネギもセレクト。

しばらくして運ばれてきたのはオムレツではなく、思いもよらぬ姿の具入り卵焼き。 なんじゃこりゃ?

f:id:hana0303:20170823224243j:plain

オムレツだと思っていたのですが、なにやら不思議な物体。ネギ入りなので和風卵焼き的な何だか懐かしい味。マズくはないんだけど、想定していたしたイメージとは違い過ぎて残してしまいました。

ただ、あとで気付きました。そういやジャーマンオムレツってあんな感じだ。

 

ノイシュヴァンスタイン城ガイドツアー

シンデレラ城のモデルと言われるノイシュヴァンシュタイン城ミュンヘン2日目は、ここを訪れる現地ツアーに参加します。

当初は、お得なバイエルンチケットを自分で買い、列車で行こうと思っていたのですが、旅行日程の延期があったり出発直前にドタバタしていたこともあって、色々調べるのが面倒になったんですよね。

とりあえず到着翌日は、楽チンに過ごします。ガイドさんから現地情報を色々聞けるのも魅力だし。

で、VELTRAで出発数日前に予約したのがこれ。

f:id:hana0303:20170823214316p:plain

自力でノイシュヴァンシュタイン城に行くより割高だけど、バスに乗っていれば連れてってくれる。入場チケット買うために並ばなくていい。ランチもついている。アクセスが不便な世界遺産ヴィース教会も連れてってくれる。とまあ、あんまり色々考えたくない時には楽チン。 

これを自分で手配して行こうとすると、アクセスの事前確認と購入、入場券の事前確認と購入、混雑状況の確認と効率的な日程検討、美味しいレストランの事前チェックなど、結構調べる必要があります。

時間的な余裕があれば自分で勉強して全部手配するのですが、今回は出発前にドタバタがあり、全部お任せの現地発着ツアーを購入したのです。

 

ツアー出発

朝7時45分ミュンヘン中央駅集合。8時ミュンヘン中央駅でバスに乗り出発。

ゆったりとした車内では、日本人のベテランガイドさんが名調子(迷調子)でしゃべるしゃべる。ドイツ在住が長いためか、日本語に変なクセがあってちょっと聞きにくい。話の内容は、ドイツの生活文化や習慣などで、非常に興味深い。

ミュンヘンは晴れていたのに、途中から雨が降り出し、世界遺産ヴィース教会到着時は本格的な雨。寒い!!テンションだだ下がり。

f:id:hana0303:20170824211611j:plain

世界遺産ヴィース教会。田園の中にある小さな教会。雨の中、教会に入る。綺麗なんだけど、まあこんなもんかなぁ…(雨と寒さでテンション低め)。

 

滞在30分くらいですぐにノイシュヴァンシュタイン城にバス移動。

 

駐車場そばの免税店内でトイレ休憩とはいかにもツアーらしい。到着前にガイドさんが免税店内のおすすめを語る。FEILER(フェイラー)やバームクーヘンが安くてお得などなど。ふ〜ん(興味無し)

帰りにクナイプでも買うかなあ…と集合時間までブラブラしてたら、後から入ってきた中国人団体のパワーに圧倒される(テンション下がる)

f:id:hana0303:20170824212103j:plain

 

駐車場から雨の中を歩く。山を登る乗り合いバスはぎゅうぎゅう詰め。バスを降りたらノイシュヴァンシュタイン城のビューポイントへ歩く。雨と寒さで正直帰りたい(テンション最低)

f:id:hana0303:20170824212732j:plain

ビューポイントのマリエン橋到着。

天気が悪いせいか、マリエン橋はいつもに比べて空いてるらしい。皆さんこんな事なかなか無いですよー、とのベテランガイドさんのナイスフォロー(?)。

雨も小降りになり、マリエン橋の上に立つと、目の前にノイシュヴァンシュタイン城とドイツの風景が広がる。うわー綺麗!!

雨のせいか、かえって幻想的で素敵。この景色を見られただけで満足かも(テンション超あがる)

マリエン橋から城へ移動。城内は音声ガイドに従って回る。城内は豪華な家具や装飾がいっぱい。雨にもかかわらず、色々な国の観光客がいっぱい。お腹へった…。

雨の中、ノイシュヴァンシュタイン城近くのレストランに移動して、遅めのランチ。ツアーに付いている食事なので全く期待してなかったのに結構美味しい(テンション上がる)

ダンナは当然ビール。下戸の私は、さすがに昼間っからビールは辛いので、ガイドさんにすすめられた伝統的なリンゴソーダ(名前忘れた)を注文。あんまり甘くなくてこれが結構いける。ミュンヘン滞在中の私のメインのドリンクになりました。

f:id:hana0303:20170824213106j:plain

相席になったツアー参加者とドイツ旅行談義に花が咲く。ジャーマンレイルパスでドイツ国内旅行中の夫婦や、ドイツ留学中の女子と日本から来た彼氏などなど、個人旅行者が参加する現地発着ツアーには、色々な日本人が参加していて面白い。

遅めの食事後、ようやく晴れた道をバスまで戻る。このへんまで来ると天気の悪さにテンション低めだったツアー参加者の顔も明るくなってきて、なんだか和気あいあい。たまにはツアー参加もいいもんです。

ランチの後はふもとのまち、フッセンへバスで移動し自由散策。フッセンのかわいい町並みをブラブラして、カフェで一休み。

f:id:hana0303:20170824230006j:plain

フッセンからミュンヘンへのバスでの帰り道、やっと青空。緑が綺麗な草原の中をバスが走る。あちこちに牛がいて、何とものどかー。

f:id:hana0303:20170824230210j:plain

雨の中歩いて疲れたのか帰りのバスはみんな無口。

途中、事故渋滞もあって、ミュンヘン到着解散は19時。

お疲れさまでした。

 

ツアーの感想

今回のノイシュヴァンシュタイン城ツアー、前半は雨と寒さでテンションだだ下がりだったけど、ツアー全体としてはまあまあ。

ヨーロッパ、特にドイツは鉄道のアプリがあるので個人でも動きやすいのですが、いろいろ検討するのが面倒な時や、アクセスが不便なスポットを訪ねる時は、現地発着ツアーが便利。

特に、初めての土地や数日滞在する時は、最初に日本語ツアーに参加するのが私は好き。最初にガイドさんから現地情報を色々聞くと、土地勘や現地感覚をつかめてとてもいいのです。 

それにしても、天気の悪い丸一日のツアーで私たち夫婦も結構疲れてへろへろ。

一旦ホテルに帰って休んでから、ミュンヘン2日目のディナーに出発です。

 

今回のANAビジネスクラス夫婦でヨーロッパ旅行は、昨年秋から始めた空陸両性マイラー活動の成果。

hana0303.hatenadiary.jp

のんびり旅行記綴ってます。